人気ブログランキング |
ブログトップ

Life is beautiful☆

sloflo.exblog.jp

ゲノム編集

★★★13th anniversary キャンペーン★★★


期間:1230()まで

期間中定休日:1211()25()


《期間限定フリーコースメニュー》 

組み合わせは自由にお選びいただけます。


■フリー60 4,800 4,000

■フリー90 7,200 5,900   

■フリー120 9,600 7,800

※レッグスリムはプラス1,300円で承ります。


特典1 卓上カレンダープレゼント (お一人様1個)

特典2 10OFFチケットプレゼント (来店毎1枚)

特典3 期間中合計8000円以上ご利用で『生活の木』グッズ等プレゼント(無くなり次第終了)


皆様のご予約を心よりお待ち致しております。


★★★★★★★★★★★★★★★★


先日、中国の研究者がヒトの受精卵遺伝子をゲノム編集し、双子の女児出産に成功したというニュースがありました。


目的としてはHIVに感染した両親から感染していない子を出産できるよう遺伝子を書き換えた、ということのようですが・・・


数年前、『やりすぎ都市伝説』でゲノム編集が取り上げられていて、番組の性質上、オカルト的な半分聞き流してはいたものの、この時既に中国の研究チームはヒト受精卵での研究を進めていると言っていました。

ニュースを聞いて「あの時のはコレかぁ」と思った人もいたはず。


論理的には、IQのメチャクチャ高い子、運動能力のものすごく優れた子、スラット身長の高いスタイルのいい子などが作れてしまうそうですが、倫理的にやらないようにというきまりはあるとのこと。

そりゃそうだ。



でもねぇ。出来るんですから、既に。

倫理とか無視してどこかで研究が進められているような気が。。。

筋ジストロフィーなど治療の難しい病のために研究が進められていてもう結果も得られているようなので、それは凄いこと。

でも使い方次第で人間がヒトを人工的にいいように作れてしまうなんて恐ろしい話です。


因みに、今回はヒトの受精卵を書き換えて話題になっていますが、食品・農業・漁業等には使われており、これからどんどん出てくるようです。


ゲノム編集で養殖され、重さが1.5倍大きくなった魚とか、アメリカ産牛肉も飼育期間や餌の量がほぼ同じで2倍の重さに育てられると言います。


懸念される食糧難に備えて、という大義名分があるのでしょうが、長期間食べ続けてどういう影響があるのかは、みんなの体で実験してみましょうってことですかね。。。





by slo-flo | 2018-12-01 10:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sloflo.exblog.jp/tb/238884105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 最近の嬉しかったこと 小千谷『わたや 本店』 >>